旬の「朴葉ずし」いかがですか?

更新日:2021年06月16日

山の新緑が鮮やかな季節、その中でもひと際、朴の葉の大きさが目立つようになりました。

毎年、神坂地区の湯舟沢レディースさんは、その大きな朴の葉を使った中津川市のソウルフード「朴葉ずし」を作って出荷しています。

地元、神坂産のコシヒカリを使った酢飯の上に、旬のタケノコ、フキ、シイタケ、手作りの紅生姜、最後に山椒などを乗せた素朴で優しい味わいの朴葉ずしは、目にも鮮やかな初夏の風物料理です。

この地域では、同じ朴葉ずしでも、玉子焼きや酢サバをトッピングしたり、各家庭やお店ごとに違う味が楽しめますよ!

朴葉ずしを作っている様子
きれいに並ぶ朴葉ずし
朴葉ずしを調理する女性
朴葉ずしを調理する女性2

この記事に関するお問い合わせ先

政策推進部広報広聴課
電話番号:0573-66-1111(内線312・313・314・315・316)
メールによるお問い合わせ