ブルーライトアップで糖尿病啓発

更新日:2022年11月15日

国際連合が制定した11月14日「世界糖尿病デー」にあわせ、糖尿病予防・治療・療養を喚起する啓発運動の一環として、11月7日から14日に、にぎわいプラザをブルーにライトアップしました。

 

令和3年度から恵那医師会がブルーライトアップ事業に参加しており、今年度は中津川市も参加し合同で実施しました。

 

  • 世界糖尿病デー
    糖尿病患者の増加を踏まえ、国際連合は平成18 年から毎年11 月14 日を「世界糖尿病デー」に認定。世界各地で糖尿病を正しく知り、予防や治療の大切さを広める啓発活動を推進しています。ブルーライトアップも啓発活動の一環として行われています。啓発活動のシンボルマーク「ブルーサークル」は国連や空を表す「青(ブルー)」と団結を表す「輪(サークル)」を意味しています。
ブルーに照らされるにぎわいプラザ

この記事に関するお問い合わせ先

市民福祉部市民局健康医療課
電話番号:0573-66-1111
内線:予防保健係623・医療管理係622・健康支援係(母子)626・健康支援係(成人)627・健康寿命対策室628)
メールによるお問い合わせ

知りたい情報が見つからない・わかりにくかったとき