障がい者の移動支援

更新日:2022年01月19日

概要

屋外での移動が困難な障がいをおもちの方の外出の際の移動を支援しています。

対象者

  1. 屋外での移動に著しい制限のある視覚障がい者(児)
  2. 全身性障がい者(児)(肢体不自由の程度が1級に該当する者(児)、両上肢及び両下肢機能の障がいがあって肢体不自由1級に準ずる者(児))
  3. 知的障がい者(児)
  4. 精神障がい者(児)
  5. 発達障がい者(児)
  6. 疾病による障害で1、2と同程度の者(児)

費用

1割自己負担、月ごと利用者負担に上限があります。

自己負担に対し、市の助成があります。

対象となる外出

  • 社会生活上必要不可欠な外出:冠婚葬祭、官公庁・金融機関での手続き、理美容など
  • 社会参加のための外出:地域行事等の各種行事への参加、余暇活動など

通学、通所、通勤等の継続性のある外出については、原則として対象外となります。ただし、以下の理由については対象とします。

  • 介護者の病気、就労など、やむを得ない場合の通学及び通所時の支援
  • 定期的な通院については、居宅介護の対象となりますが、突発的に必要となった通院時の支援

手続き

社会福祉課または各総合事務所で申請手続きをしてください。

参考サイト

障害者総合支援法に基づく障害福祉サービス

この記事に関するお問い合わせ先

市民福祉部福祉局社会福祉課障がい福祉係
電話番号:0573-66-1111(内線 640,686,644)
メールによるお問い合わせ