苗木地区はこんなところ

更新日:2021年06月21日

苗木地区の概要

苗木地区は中津川市のほぼ中心に位置し、苗木、瀬戸の2つの字からなり、木曽川北岸にあります。木曽川沿い周辺は恵那山を望む豊かな景勝地であるとともに、夜明けの森、鉱物博物館などの自然と、苗木城跡、苗木遠山史料館などの古い歴史や文化が残る地域です。

苗木城跡の空からの画像

苗木地区のデータ(令和3年6月1日現在)

人口

6,157人

世帯数

2,388世帯

面積

31.29平方キロメートル

概略地勢

苗木地区は中津川市のほぼ中心に位置し、木曽川北岸にあり、北は高峰山、南は木曽川、西は付知川に囲まれています。木曽川にかかる5つの橋により中津川、落合、坂本とつながり、北側は福岡、坂下と接しています。また、中央自動車道中津川インターチェンジから、飛騨地域への幹線道路として国道257号線が南北に通り、交通の要所でもあります。

この記事に関するお問い合わせ先

定住推進部苗木事務所
電話番号:0573-66-1301
メールによるお問い合わせ