空間放射線量の測定

更新日:2024年02月16日

中津川市の空間放射線量等の測定の状況

中津川市では、安全、安心して生活していただけるよう、独自に空間放射線量を測定しています。これまでの結果、測定したいずれの地点とも健康に影響のない数値(注)です。

(注)国際放射線防護委員会(ICPR)が2007年に示した勧告では、自然放射線及び医療目的の放射線を除き、「一般公衆」が1年間に浴びてもよい被爆限度量は1mSv(ミリシーベルト)/年とされています。1時間当たりの数値(測定値の単位)に換算すると、「0.19μSv(マイクロシーベルト)/時間」となります。現在測定されている放射線量はこの勧告を下回っています。

測定地点、測定方法

  • 加子母総合事務所
  • 北消防署前駐車場
  • 阿木事務所前駐車場
  • 市役所庁舎前駐車場
  • 馬籠総合グランド
  • 坂本北部グランド

可搬型サーベイメーターにより空間放射線量率を測定。

測定結果

その他

岐阜県では、県内にモニタリングポストを設け、空間放射線量率を24時間体制で監視し、観測地をリアルタイムで公表しています。

この記事に関するお問い合わせ先

環境水道部環境政策課
電話番号:0573-66-1111(内線 541・542・543)
メールによるお問い合わせ

知りたい情報が見つからない・わかりにくかったとき