自立支援医療費(精神通院)の給付

更新日:2021年09月01日

概要

精神科通院医療費の自己負担額が1割になる制度です。さらに、あなたの「世帯」の収入に応じて1月あたりの自己負担額には上限がもうけられます。

(注)世帯の所得状況や疾病の種類によっては、この制度の対象とならない場合があります。

受給者証の有効期限は1年間です。引き続きこの制度をご利用される方は、更新のお手続きが必要です。

この制度では、県が指定する病院・薬局の中から医療機関を選び登録していただきます。選んだ病院・薬局が変わる場合も、お手続きが必要です。

(注)転入、転居、婚姻、離婚で住所、氏名が変更した場合、変更のお手続きが必要となります。保険証や所得区分、医療機関が変更した場合も、お手続きが必要となります。転出で住所が変更する場合、新住所地でのお手続きが必要となります。

対象者

精神疾患のため、通院による治療を継続して受けなければならない精神障がい(てんかんを含む)のある方。

お手続きできる方

精神障がいをお持ちのご本人様、その代理人、どちらでも窓口でお手続きしていただけます。

新規申請される方は、窓口にみえる方の本人確認できるものをお持ちください。

例:写真付きマイナンバーカード、運転免許証、パスポート等

更新申請される方は、現在お持ちの精神障害者保健福祉手帳をご持参ください。

持ち物

新規・更新の場合

  1. マイナンバー(個人番号)確認に必要な書類
  2. 診断書(精神通院医療用)、場合によっては「重度かつ継続」治療に該当する意見書
    (注)更新して"手帳用2年目"、または"医療用2年目"になる方は、診断書が不要です。受給者証に記してありますので、ご確認ください。
  3. 健康保険証
  4. 申請者の印鑑(認め印)
  5. (更新申請の方のみ)現在持っている自立支援医療受給者証(精神通院)

受給者証をお持ちの方が市内転居、氏名、保険証、医療機関を変更した場合

  1. マイナンバー(個人番号)確認に必要な書類
  2. 健康保険証
  3. 申請者の印鑑(認め印)
  4. 現在持っている自立支援医療受給者証(精神通院)

受給者証をお持ちの方が他市町村から中津川市へ転入した場合

  1. マイナンバー(個人番号)確認に必要な書類
  2. 健康保険証
  3. 申請者の印鑑(認め印)
  4. 現在持っている自立支援医療受給者証(精神通院)

申請窓口

社会福祉課

各総合事務所

この記事に関するお問い合わせ先

市民福祉部福祉局社会福祉課障がい福祉係
電話番号:0573-66-1111(内線 640,686,644)
メールによるお問い合わせ