加子母中学校より「シトラスリボン」が届きました

更新日:2021年03月12日

3月10日(水曜日)、加子母中学校から「シトラスリボン」の贈呈がありました。

このリボンは、「シトラスリボンプロジェクト」に賛同し、コロナ禍で生まれた差別や偏見をなくし、すべての人が大切にされる住みやすい社会にしたいという思いを込めて生徒が作成したもので、加子母総合事務所のほか、地区内の保育園や小学校などにも届けられました。

 

『シトラスリボンプロジェクト』とは

誰もが新型コロナウイルス感染症に感染するリスクがあるなか、たとえ感染しても地域のなかで笑顔の暮らしを取り戻せることの大切さを伝え、感染された方や医療従事者が、それぞれの暮らしの場所で「ただいま」「おかえり」と受け入れられる雰囲気をつくり、思いやりがあり暮らしやすい社会を目指す、愛媛県の有志グループ「ちょびっと19+」が進めるプロジェクトです。

「シトラスリボン」のそれぞれの輪は、「地域」「家庭」「職場(または学校)」を表現しています。

 

シトラスリボンプロジェクトホームページ

 

贈呈の様子1
贈呈の様子2
シトラスリボン

この取り組みを知ってもらうため、地域の方など多くの人にリボンを届けたいと思います。

この記事に関するお問い合わせ先

定住推進部加子母総合事務所
電話番号:0573-79-2111
メールによるお問い合わせ