加子母小学校ドローンを使ったプログラミング学習

更新日:2021年08月30日

7月1日(水曜日)、加子母小学校にてドローンを使ったプログラミング学習が行われました。 今年度から必修となったプログラミング学習を校内研究の一つとして以前から取り組んでおり、先進校として全校研究会の一環で授業が行われました。今回の学習はグループに分かれて行われ、課題として出された距離や高さをクリアできるようプログラミングして目標地点にドローンを着地させるというものです。この様子はオンライン配信により、他校の先生や大学関係者にも観ていただき、次への助言をいただきます。

 

学習の様子1

グループで協力し、目標地点までのコースを確認してタブレットにプログラムを入力。

学習の様子1
学習の様子2

学習の様子2

自分たちで決めたプログラムに従ってゴールに向かうドローン。なかなかうまく目標地点に着地できません!

学習の様子2の1
学習の様子2の2

学習の様子3

ドローンは一つの道具であり、プログラミングは一つの手法でしかありません。それでも友達と協力して一つのことを成し得ようとすることが、これからの自分の夢の達成にとても大切であることを学べる授業となりました。

学習の様子3
  • 加子母小学校では今後も子供たちの将来に向け、いろんな体験学習をおこなっていきます。

この記事に関するお問い合わせ先

定住推進部加子母総合事務所
電話番号:0573-79-2111
メールによるお問い合わせ