令和3年度がんばる地域サポート事業活動報告(加子母防災士会)

更新日:2021年07月21日

「加子母防災士会」は、今年度から中津川市がんばる地域サポート事業を活用し、地域の防災意識の向上などを目的に活動します。

活動1年目は防災研修会などを行い、防災に対する知識向上を目指すとともに、地域の高齢者世帯や独居高齢者宅へ家具転倒防止器具の設置等の活動を行う予定です。

7月16日金曜日、加子母防災士会会員を対象に、認定NPO法人レスキューストックヤードの栗田暢之さんを講師に招いて研修会を行い、最近や過去の豪雨、地震での実際の被害現場の状況などを踏まえ、地域全体で災害にどう備えていくかなどをお話しいただきました。

 

・研修会の様子

加子母防災士会研修1

研修では実際の災害現場を振り返りながら、地域での被害予測や早めの避難など「災害に対する備え」の重要性をお話しいただきました。

加子母防災士会研修2

加子母防災士会からは、「こうした研修を機に、防災士会員が防災に対する知識をしっかりと習得し、防災士という立場で減災に向けた対策方法などを地域へ発信していきたい」と今後の意気込みが聞かれました。

今後、加子母防災士会では地域や保育園、小中学校、社会福祉協議会などとも連携し、地域全体で防災意識向上に繋げていくため活動していきます。

 

この記事に関するお問い合わせ先

定住推進部加子母総合事務所
電話番号:0573-79-2111
メールによるお問い合わせ