旧脇本陣森家

更新日:2021年05月03日

中津川宿の脇本陣を務めた旧森家の建物の一部「上段の間」と土蔵1棟を、宿場の機能・様子を伝える施設として展示公開しています。

観覧無料

上段の間

江戸時代から実際に使用されてきた「上段の間」(床の間・書院棚付き8畳間)と「御手水所」(便所)を移築復元しています。

脇本陣の一部のみの再現ですが、建具・柱・欄間を再利用しています。奥座敷の風情を鑑賞していただくため、「上段の間」に繋ぐ8畳の部屋と土間・板縁が設けてあります。

上段の間
上段の間見取図

土蔵

土蔵

ナマコ壁を有する2階建ての土蔵は、4間3尺(8.1m)×2間3尺(4.5m)の大きさで、中津川宿の旧家の面影を色濃く残しています。

土蔵内の柱・梁の骨組みや板張はそのまま残して復元し、2階の床を撤去して古文書・絵画・長持ち・箪笥等、森家に関する資料を展示しています。

中津川市中山道歴史資料館

〒508-0041 岐阜県中津川市本町二丁目2-21
電話番号0573-66-6888
ファックス0573-66-7021
メールによるお問い合わせ