世界鉱物年 2022

更新日:2022年06月30日

世界鉱物年2022公式ロゴマーク

2022年は世界鉱物年です!

2022年は、鉱物学と結晶学の父と呼ばれているルネ=ジュスト・アウイの没後200年にあたります。
アウイは、方解石が破壊されてできた微細な破片がすべて同じ形(菱面体)であることを観察し、「結晶は小さな多面体(基本単位)の繰り返しでできている」という結晶構造の理論を提唱しました。

本年は、国際鉱物学連合が中心となり、私たちの日常生活における鉱物の重要性について人々の認識を高める活動が世界各地で行われます。
この活動は、ユネスコの支援を得て2021年12月に国連総会で決定された「持続可能な発展のための国際基礎科学年2022 (IYBSSD2022)」(2022年6月30日~2023年6月30日)の一環として行われるものです。

鉱物博物館で鉱物の色や形の美しさをつうじてその魅力に触れ、鉱物への関心を深めていただけたら幸いです。


方解石 EA97060029
EA97060029
菱面体をなす方解石の結晶(劈開片)

中津川市鉱物博物館

〒508-0101 岐阜県中津川市苗木639-15
電話番号0573-67-2110
ファックス0573-67-2191
メールによるお問い合わせ