教室「ちっちゃな鉱物を標本にしよう」を開催しました

更新日:2021年04月01日

作製したマイクロマウント標本

鉱物について学びながら、マイクロマウントと呼ばれる鉱物標本をつくりました。


最初に、お話を聴いたり、標本を観察したりして、鉱物について学習しました。
まずは肉眼で、その後にルーペ(虫めがね)を使って水晶の結晶を観察して、結晶の形、結晶表面のすじ、割れ方など、その特徴を学びました。

その後、砂の中から苗木産の水晶を探して、自分で見つけた水晶でマイクロマウント標本をつくりました。

ルーペで観察

ルーペで観察

水晶さがし

水晶さがし

ケースの準備をしてから、水晶をケースの中央に固定しました。
蛍石、黄鉄鉱、ざくろ石(ガーネット)の中から好きなものを一つ選んで、水晶と同じように仕上げました。
ケースの裏と蓋に、鉱物の名前や産地を書いたラベルを貼ってから、標本をケースに収めました。

ちっちゃな鉱物が、立派なマイクロマウント標本になりました。

ケースの準備

ケースの準備

慎重に固定

慎重に固定

(2020年11月15日掲載)

この記事に関するお問い合わせ先

中津川市鉱物博物館
〒508-0101 岐阜県中津川市苗木639-15
電話番号:0573-67-2110
ファックス:0573-67-2191
メールによるお問い合わせ