教室「森の木の実でリースづくり」を開催しました

更新日:2021年04月01日

完成したリース

植物のツルや木の実、葉っぱなど、自然の素材を利用してリースをつくりました。


植物のツルを巻いてつくったフレーム(輪)に、木の実などを飾りつけてリースをつくりました。
飾りには、松ぼっくりやドングリ、フウの実、ヒカゲノカズラなど、博物館の周辺にもある、自然の素材をたくさん利用しました。
木の実は、素材の色そのままのものと、スプレーでカラフルに色づけしたものを使いました。

材料選び

まずは材料選びから

バランスを考えて

バランスを考えて…

グルーガンという道具や、ワイヤーを利用して木の実をくっつけたり、リボンを巻いたり、思い思いに飾りつけました。
時々リースを持ち上げて、飾った時のバランスや配色も考えながらつくっていきました。

選んだ材料の種類や色、飾りつけ方で、それぞれに違ったリースに仕上がりました。
クリスマスにもぴったりな、すてきなリースができました。

飾りつけ

飾りつけはお好みで

完成したリース

すてきなリースができました

(2020年11月23日掲載)

この記事に関するお問い合わせ先

中津川市鉱物博物館
〒508-0101 岐阜県中津川市苗木639-15
電話番号:0573-67-2110
ファックス:0573-67-2191
メールによるお問い合わせ