教室「古代人のアクセサリー『まが玉』をつくろう」を開催しました

更新日:2022年05月22日

滑石でまが玉をつくりました

滑石(かっせき)というやわらかい石を使って、「まが玉」をつくりました。

つくり始める前に、中津川市内の古墳で出土した実物の勾玉(まが玉)を見て、まが玉について学習しました。
材料の滑石についてのお話を聴いたら、いよいよ「まが玉」づくりです。

粗削り

最初の作業は、荒削りです。
花崗岩のブロックで、滑石の角を削りました。

マジックで描かれたまが玉の形になるように、線を確認しながら削っていきました。
滑石はやわらかいので、削り過ぎにも注意しました。

耐水ペーパーで磨く

荒削りの後は、耐水ペーパーで磨いていきました。
まずは丸みをつけてから、表面を滑らかに仕上げました。
時々は手を止めて、キズや磨き残しがないかをよく見たり、手でさわったりして確認しながら、丁寧に磨きました。

最後に、ヒモをつけたら完成です!
ツルツル&ツヤツヤのまが玉ができました。

まが玉グリーン
まが玉ピンク

中津川市鉱物博物館

〒508-0101 岐阜県中津川市苗木639-15
電話番号0573-67-2110
ファックス0573-67-2191
メールによるお問い合わせ