教室「はじめのいっぽ―夜明けの森親子自然楽習」(第1回)を開催しました

更新日:2021年04月01日

展石広場で

「はじめのいっぽ―夜明けの森親子自然楽習―」は、乳幼児の親子のみなさんが、ネイチャーゲーム・わらべうた・絵本・工作などを通して、ゆったり遊びながら自然に親しむプログラムです。
9月10日に、今年度の第1回を開催しました。


今回は、自然みつけのビンゴカードを持って、みんなで夜明けの森に出かけました。
「たべあと」や「ちくちくするもの」、「とりのこえ」、「あり」、「きのこ」など、カードの書いてあるものを見つけながら散歩しました。

「たべあと」いっぱいの葉っぱを見つけたり、ちっちゃな「あり」を見つけたり、耳を澄まして「とりのこえ」を聞いたり…楽しい発見がいっぱい!親子で夜明けの森を感じました。
散歩の途中で見つけた、みんなにも見てほしいものには、「見て見て」の印をつけておいて、みんなで見ながら帰ってきました。

「たべあと」発見!

「たべあと」発見!

何を見つけたのかな?

何を見つけたのかな?

みんなも見てね

みんなも見てね

すべすべまだらもようの木

すべすべまだらもようの木

(2020年9月10日掲載)

この記事に関するお問い合わせ先

中津川市鉱物博物館
〒508-0101 岐阜県中津川市苗木639-15
電話番号:0573-67-2110
ファックス:0573-67-2191
メールによるお問い合わせ