教室「ミニ門松づくり」を開催しました

更新日:2021年12月25日

お正月用の門松をつくりました

門松づくり

竹やわら、松、ナンテンなどを使って、お正月用の門松をつくりました。

最初に、門松の土台になる部分をつくりました。

土台の中心になる部分は、直径約20センチのプラスチック容器(ゴミ箱)を利用しました。

ガムテープや両面テープを利用して、容器にわらを巻きつけた後、わらの上から縄をきつく巻きつけて固定しました。

縄をきれいに巻きつけるには、力と根気が必要です。家族で協力して、ゆるまないようにしっかりと巻きつけました。

わらの端を切りそろえ、裾の部分を整えれば土台の完成です。

土台づくり
縄を巻きつける

後半は屋外で、門松の中心部分をつくりました。

片側3本ずつの竹を留め具(結束バンド)で固定してから、土台のやや後方に立て、砂を入れて直立させました。

竹の後ろに松を飾り、前や横には、ナンテンやソヨゴ、ウメ、ミニ葉ボタンなどを飾りつけました。

こうして、高さ1メートル程の立派な門松ができました。

家族で協力してつくった門松で、新年が迎えられますね。

 

飾りつけ
完成した門松

中津川市鉱物博物館

〒508-0101 岐阜県中津川市苗木639-15
電話番号0573-67-2110
ファックス0573-67-2191
メールによるお問い合わせ