城山の日 遠山友政苗木城奪還記念講座 「遠山兄弟 景任と直廉」8月11日 13時30分より

更新日:2024年07月02日

遠山兄弟ちらし

伝統ある岩村と苗木の遠山家に断絶の危機が訪れた、戦国末期についてお話します。

遠山兄弟 景任と直廉

1555年以降、東濃の岩村景任(いわゆる「女城主」の夫)・苗木直廉(景任の弟)兄弟は武田信玄の配下に加わりました。

信玄が、京都の信長に対し出陣に至った元亀(1572)3年、苗木直廉は飛騨の三木との戦いで矢傷を負い5月に卒去。続いて岩村景任は8月に病死。「遠山兄弟の死は信玄に痛手」と言われながら12月三方ヶ原で圧勝した信玄も病気で後退、翌年4月に帰路の信濃で病死。

3人のあっけない死は、大敗した家康と信玄を迎え撃つ余地のない信長にとって恵の歴史転換をもたらしました。

日時

8月11日(日・山の日) 13時30分~15時

場所

苗木遠山史料館 2階 学習室にて

会費

城山の日無料デー  遠山友政苗木城奪還記念講座につき

受講料無料

定員

会場の都合で30名程度

申込方法

開催日まで随時受付けしております

当日来館も歓迎いたします

持ち物

特にありません

講師

千早 保之(苗木遠山史料館資料調査員)

中津川市苗木遠山史料館

〒508-0101 岐阜県中津川市苗木2897-2
電話番号0573-66-8181
ファックス0573-66-9290
メールによるお問い合わせ