令和3年5月20日から市が発令する避難情報が変更されました

更新日:2021年05月25日

避難情報が変更されました

令和3年に災害対策基本法が改正されたことを受け、令和3年5月20日から、市が発令する避難情報が下記のように変更されました。

警戒レベル3「高齢者等避難」

危険な場所から避難に時間のかかる方は避難。その他の方も普段の行動を見合わせる、避難準備をするなどし、危険を感じたら早めに自主的に避難。

警戒レベル4「避難指示」

危険な場所から全員避難。(ここまでに必ず避難)

(注)「避難勧告」が廃止され、避難指示に一本化されました。

警戒レベル5「緊急安全確保」

災害が発生し命が危険な状況。(少しでも身を守る行動を)

 

下記リンク先のチラシ(PDF)も必ずご確認ください。

適時適切な避難行動を心がけましょう

大雨や台風により災害が起きやすい時期に入りました。

「避難」とは、難を避けること、つまり安全を確保することで、避難所へ行くことだけが避難ではありません。

事前にハザードマップ等で自宅や近隣地域が安全かどうか確認しましょう。

そして、避難所以外の避難先を検討し、いざという時の避難先を自身で確保しましょう。

手順

(注)それぞれの避難先が安全かどうか確認します。

  1. 自宅が安全かどうか。(自宅が安全であれば自宅に留まる)
  2. 親戚や知人宅が安全かどうか。(事前に連絡を取り合って了解を得る)
  3. 地域の集会所が開設されるかどうか。(安全を確認し、地域で協力して運営を行う)
  4. 上記で安全が確保できなければ、市が開設する指定避難所へ。

指定避難所へ来る際は(コロナ対策の実施とお願い)

指定避難所へ来る際は

  • 自宅での検温、マスクの着用をお願いします。
  • 体温計、予備マスク、消毒用アルコール、石鹸、ビニール手袋等の衛生用品を持参してください。
  • 飲み物、食料、服用薬、着替え、タオル、毛布、スリッパ等、生活に必要な物資も必ず持参してください。
  • 事前に下記の「避難者カード」へ必要事項を記入し、ご持参ください。

指定避難所のコロナ対策

  • 受付で問診を行います。
  • 感染症対策に有効とされる人と人との距離が2メートル以上(1人あたり9平方メートル)を保てるよう、指定避難所に定員を設けた上で、避難者数を考慮し、開設箇所を増やしていきます。
  • 指定避難所では、手指消毒、こまめな手洗いの励行、定期的な換気、体調確認等を行います。
  • 発熱や体調不良のある避難者は、医療機関の受診を促します。
  • 医療機関を受診済みで、発熱や体調不良のある避難者の方は、できる限り隔離または遠ざけるような対応を行いますが、それらの対応が取れない場合は、別の指定避難所へ移動することや、車中待機などのお願いをさせていただきます。
  • 施設内でコロナウイルスの感染者が確認された場合は、その避難所を封鎖し、別の指定避難所へ移動していただきます。
  • 指定避難所では、自宅療養者(感染者)や濃厚接触者等の受け入れは行えないため、事前に恵那保健所(0573-26-1111)と相談をしてください。

この記事に関するお問い合わせ先

総務部総務局防災安全課
電話番号:0573-66-1111
(内線:生活安全係162・防災対策係165・消費生活相談室167)
メールによるお問い合わせ