新型コロナワクチンの接種

更新日:2021年07月26日

ワクチン接種は段階的に進めます

現在、市では、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種に向けて準備を進めていますが、ワクチンの供給量によって接種は段階的に進められます。

高齢者の方から年齢順に接種券(クーポン)を順次発送しています。(同じ世帯でも届く時期が異なる場合があります。)
接種券が届いたら、接種券と同封のチラシ等をご確認いただき、接種日の予約をお願いします。

接種券の発送

接種の順に、市から順次、ワクチン接種に必要な接種券(クーポン)を個別に郵送します。

  • 4月中旬以降、65歳以上の高齢者の方で施設に入所している方から順に発送し、6月末には、60~64歳の方と基礎疾患のある方(優先接種を希望された方)に接種券の発送を完了しました。
  • 7月20日(火曜日)から7月末にかけて、59歳以下の方へ接種券を順次発送しています。
  • 職域接種等で、接種券が必要な方は申し出ください。

接種の種類及び予約方法

予防接種は、特設会場で行う「集団接種」と、かかりつけ医療機関で行う「個別接種」の2種類があり、どちらかを選択できます。集団接種と個別接種では、予約方法が異なります。また、かかりつけ医がある方で集団接種を希望する場合は、定期受診の際などに接種の可否をかかりつけ医にご相談ください。

(注)8月以降の集団接種は現在一部休止中。

予約対象者・予約状況

65歳以上の高齢者

予約受付中

60歳以上~64歳以下の方

予約受付中

基礎疾患があり優先接種を希望した方

予約受付中

50歳から59歳の方(昭和47年4月1日から昭和37年4月2日)

予約受付中

49歳以下の方(昭和47年4月2日~)

集団接種を希望する場合

接種を希望する会場を選び、電話またはインターネットで予約します。

予約開始時期はホームページやメールなどで案内します。

予約方法
電話予約 WEB予約

中津川市コロナワクチンコールセンター

電話 65-5100

中津川市ワクチン接種web予約

 

集団接種会場

集団接種会場(7月15日以降)
集団接種会場 状況 日程
健康福祉会館4階 多目的ホール (注)休止中

毎週水曜日 13時~

毎週土曜日 13時~ (または9時~)

毎週日曜日 9時~

東美濃ふれあいセンター アリーナ

再開

8月21日(土曜日) 14時~18時

8月22日(日曜日) 14時~18時

日程は不定期です。

随時お知らせします。

アートピア付知交芸プラザ

(注)休止中

毎週木曜日 13時~

毎週土曜日 13時~

(注)ただし、すでに実施中の高齢者(65歳以上の方)や、6月末に接種券を発送した60歳から64歳の方と基礎疾患があり優先接種を希望した方のうち、7月中に1回目の接種を終え、8月以降に2回目の接種となる方を対象とした集団接種は予定どおり実施します。

個別接種を希望する場合

個別接種については、医療機関で受け付けていますので、直接予約してください。

かかりつけ医療機関がある場合は、定期受診の際などにご相談ください。

個別接種が可能な医療機関については、下記ページをご覧ください。

医療機関での個別接種の取り扱い

  • ワクチン供給量に応じて、かかりつけ医療機関での個別接種の予約は制限されます。
  • 60歳から64歳の方と基礎疾患があり優先接種を希望した方で、個別接種を希望される方には、かかりつけ医療機関を定期受診された際などに相談していただきます。

(注)各医療機関の通常診療の支障とならないよう、医療機関への電話でのお問い合わせは基本的にはお断りしております。

 

接種の予約にあたってのお願い

  • 1回目の接種を受けた際に必ず接種を受けた医療機関または接種会場で2回目の予約をしてください。
  • ワクチンの効果を十分得るために、同じ種類のワクチンを21日間以上の間隔を空けて2回受ける必要があります。

ワクチンの数は予約人数をもとに国から計画的に供給されますので、複数の医療機関でのご予約や無断キャンセルは決して行わないようお願いします。貴重なワクチンの廃棄につながります。キャンセルする場合は必ず事前にご連絡ください。

また、ワクチンの廃棄を防ぐため、予約日の変更をお願いする場合があります。みなさまのご協力をお願いします。

当日キャンセルなどがあった場合

高齢者のうちキャンセル分を希望する方で調整

  • 市ワクチンコールセンターで予約受付時に当日キャンセル分を案内
  • 高齢者で接種を調整できない場合は、教育関係職員、通所系の介護施設職員などで当日接種に応じられる者に接種するよう調整

接種当日の注意事項

  • 接種開始時間前は会場に入れません。
  • お越しの際は必ずマスクを着用してください。
  • 当日は肩を出しやすい服装(半袖Tシャツの上に前開きの上着など)でお越しください。

(注)注射は肩に打ちます

接種時の持ち物

  • 接種券(クーポン)

(注)シールはそのまま台紙ごとお持ちください。【切り離さない・はがさない】2回分の「接種券」や「予防接種済証」が1枚になっています。

  • 予診票(記入してお持ちください)
  • 本人確認書類(健康保険証、運転免許証、マイナンバーカードなど)
  • お薬手帳 (お持ちの方)

接種費用

無料で受けることができます。
接種の時期が近づいたら市から接種券(クーポン)を送ります。

接種対象者と優先順位

接種の対象は、接種を希望する12歳以上の方です。ワクチンは段階的に供給されるため、接種は下記の順番で行います。

1.医療従事者等

2.高齢者(令和3年度中に65歳に達する方 (注)昭和32年4月1日以前に生まれた方)

   (ワクチンの供給量等により、その中でさらに時期をわける場合もあります。)

3.基礎疾患を有する方

  3-1.下記の病気や状態の方で、通院または入院している方

  • 慢性の呼吸器の病気
  • 慢性の心臓病(高血圧を含む)
  • 慢性の腎臓病
  • 慢性の肝臓病 (肝硬変等)
  • インスリンや飲み薬で治療中の糖尿病または他の病気を併発している糖尿病
  • 血液の病気 (ただし、鉄欠乏性貧血を除く)
  • 免疫機能が低下する病気(治療中の悪性腫瘍を含む)
  • ステロイドなど、免疫の機能を低下させる治療を受けている
  • 免疫の異常に伴う神経疾患や神経筋疾患
  • 神経疾患や神経筋疾患が原因で身体の機能が衰えた状態
  • 染色体異常
  • 重症心身障害(重度の肢体不自由と重度の知的障害とが重複した状態)
  • 睡眠時無呼吸症候群
  • 重い精神疾患(精神疾患の治療のため入院している、精神障害者保健福祉手帳を所持している、又は自立支援医療(精神通院医療)で「重度かつ継続」に該当する場合)や知的障害(療育手帳を所持している場合)

  3-2.基準(BMⅠ30以上)を満たす肥満の方(目安1.身長170cmで体重87kg、2.身長160cmで体重77kg)

4.60~64歳の方

5.高齢者施設などの従事者

6.教育関係者等

7.その他の方

 

住所地外での接種

入院・入所中の方を除き、原則、住民票のある市区町村で接種を受けていただきますが、住所地以外でも接種を受けられる場合があります。

  1. 入院、入所中の方:医療機関や施設でご相談ください。
  2. 基礎疾患で治療中の方:かかりつけの医療機関でご相談ください。
  3. お住まいが住民票の住所地と異なる方:実際にお住いの住所地でご確認ください。

なお、住所地以外での接種を受ける場合、事前に接種を受けたい市区町村に届出が必要な場合があります。詳しくはお住いの市区町村にお問い合わせください。

届出が必要な場合

  • 出産のために里帰りしている妊産婦
  • 遠隔地へ下宿している学生
  • 単身赴任者等
  • DV、ストーカー行為等、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者の方

届出が不要な場合

  • 施設や医療機関に入所、入院している方
  • 通所による介護サービス事業所等で接種が行われる場合における当該サービスの利用者
  • 基礎疾患を持つ方が住所地以外の主治医の下で接種を受ける場合
  • 副反応のリスクが高い等のため、体制の整った医療機関での接種を要する場合
  • 市外の医療機関からの往診により在宅で接種を受ける場合
  • 災害による被害にあった方
  • 拘留または留置されている方等
  • 国又は都道府県の設置する「大規模接種会場」で接種を受ける場合(会場ごとの対象地域に居住している者に限る)
  • その他市長がやむを得ない事情があると認める方

ワクチン接種のご相談など

中津川市新型コロナウイルスワクチン接種専用コールセンター

電話番号 0573-65-5100

受付時間 平日9時~17時

岐阜県ワクチンコールセンター

  • ワクチン接種の効果や副反応に関すること

電話番号 058-272-8222
受付時間 毎日9時~21時

 

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

  • 新型コロナワクチンに関すること

電話番号 0120-761770 (フリーダイヤル)
受付時間 毎日9時~21時

新型コロナウイルスワクチンQ&A

Q.どんな効果があるの?

A.ワクチンには発症を防ぐ効果が期待されます。

Q.副反応は大丈夫?

A.副反応として接種部位の痛みや疲労、頭痛などが報告されています。ファイザー社ワクチンでは、アナフィラキシーといった重篤な副反応は米国で100万人に5人程度との報告があります。接種会場では、ワクチン接種後15分~30分の経過観察中に、万が一アナフィラキシーが起きた場合には医療従事者が必要な対応を行います。

Q.必ず接種しなくてはいけない?

A.接種のメリット、デメリットをよく検討し、ご自身で判断いただくことになります。

(注)現在、何らかの病気で治療中の方や、体調など接種に不安がある方、また、ご自身での判断が困難な方は、かかりつけ医またはご家族、入院、入所中の医療機関や施設の医師等にご相談の上、ワクチンの接種を受けるかどうかご検討ください。

海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書の受付

海外渡航予定がある方を対象に、新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の申請受付を開始します。

詳細は下記ページをご覧ください。

新型コロナウイルスワクチン接種に便乗した詐欺行為にご注意ください

市町村等が、ワクチン接種のために金銭や個人情報を電話やメールで求めることはありません。不審に思ったら、最寄りの警察署または消費生活センターにご連絡ください。

  • 新型コロナワクチン詐欺 消費者ホットライン

受付時間 10時~16時(土日、祝日含む)

電話番号 0120-797-188(フリーダイヤル)

予防接種健康被害救済制度

新型コロナワクチンの接種による健康被害(医療機関での治療が必要になる、障害が残る等)が生じた場合には、予防接種法に基づく救済を受けることができます。詳しくは下記参考サイト「厚生労働省ホームページ」をご覧ください。

参考サイト

お問い合わせ

市民福祉部 健康医療課 電話番号 0573-66-1111 (内線157・158・159)

この記事に関するお問い合わせ先

市民福祉部市民局健康医療課
電話番号:0573-66-1111
内線:予防保健係623・医療管理係622・健康支援係(母子)626・健康支援係(成人)627・健康寿命対策室628)
メールによるお問い合わせ