新型コロナウイルス感染症に対する保健所の対応が変わりました

更新日:2022年07月29日

保健所業務の重点化

新型コロナウイルスの感染急拡大により、保健所業務の重点化が行われており、高齢者や基礎疾患をお持ちの方など重症化リスクが高い方を除き、同居家族のPCR検査は実施されていません。
新規感染者の同居家族は濃厚接触者となり、自宅待機となります。

濃厚接触者の待機期間が5日間に短縮されました

同居のご家族は全員濃厚接触者となり、重症化リスクが低いとされPCR検査を受けない方も、陽性と診断された方と最後に接触した日から5日間は自宅で待機してください。詳しくは岐阜県ホームページをご覧ください。

新型コロナウイルス陽性が判明した場合の対応

医療機関などで新型コロナウイルス陽性と診断された場合、保健所から連絡が入ります。症状などの確認と療養先や期間などの説明がありますので、ご自宅でお待ちください。詳しくは岐阜県のホームページをご参照ください。

身近な人が新型コロナウイルス感染症と診断されたら

身近な人が新型コロナウイルス感染症と診断された場合にどのように対応したらいいのか、自分が濃厚接触者に該当するかは次のフローを参考にしてください。

この記事に関するお問い合わせ先

市民福祉部市民局健康医療課
電話番号:0573-66-1111
内線:予防保健係623・医療管理係622・健康支援係(母子)626・健康支援係(成人)627・健康寿命対策室628)
メールによるお問い合わせ