第8期高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画

更新日:2021年09月30日

概要

市では「高齢者が住みなれたまちで、健康で、生きがいをもって、いつまでも安心して尊厳を持ち、自立した暮らしができる社会の実現」を計画の理念として第8期高齢者保健福祉計画・介護保険事業計画(令和3年度~令和5年度)を策定しました。

中津川市の高齢者を取り巻く状況と課題を適切に把握し、第7期計画の方向性を踏まえつつ、それらをさらに推進していく計画となっています。具体的には以下の5つの柱を重点に置いた計画とするとともに、「地域包括ケアシステムの深化・推進」を基本目標とし、「自助・互助・共助・公助」の共通理解と役割を明確化した計画としています。

 

5つの柱と取り組みの基本方針

1.地域包括ケアの推進体制の強化

  • 地域包括支援センターの機能を強化します
  • 在宅医療と介護の連携を強化します
  • 地域総合医療センターの活動を推進します

2.健康づくりを核とした高齢者の生きがいと介護予防の推進

  • ライフステージに応じた健康づくりを推進します
  • 高齢者の生きがい活動を支援します
  • 保健事業と介護予防を一体的に実施します

3.認知症予防対策・認知症高齢者施策の充実

  • 「認知症みまもりのわ」事業を推進します

4.在宅支援の充実

  • 高齢者の家庭生活を支援します
  • 高齢者の移動支援を推進します
  • 介護者の心身の負担を軽減します
  • 地域みんなで高齢者を支えます
  • 生活支援体制を充実します
  • 災害・感染症に備えた体制整備を進めます
  • 高齢者の権利擁護を推進します

5.持続可能な介護保険制度の運営

  • 介護離職ゼロの実現に向けたサービス基盤整備に取組みます
  • 介護保険サービスの質の確保に取組みます
  • 介護保険事業の適正な運営に取組みます
  • 地域包括ケアシステムを支える人材確保及び質の向上に努めます

高齢者保険福祉計画・介護保険事業計画

中津川市におけるケアマネジメントに関する基本指針

この記事に関するお問い合わせ先

市民福祉部福祉局介護保険課
電話番号:0573-66-1111(内線612・613・614)
メールによるお問い合わせ