介護保険におけるマイナンバー利用

更新日:2022年01月18日

マイナンバーを利用する申請書

「社会保障・税番号制度(ナイナンバー制度)」施行に伴い、次の申請書について 個人番号の利用をします。

  • 「介護保険居住地特例適用等届出書」
  • 「介護保険第2号被保険者証交付申請書」
  • 「介護保険被保険者証等再交付申請書」
  • 「介護保険要介護等認定申請書」
  • 「介護保険居宅サービス計画作成依頼(変更)届出書」
  • 「介護予防サービス計画作成・介護予防ケアマネジメント依頼(変更)届出書」
  • 「介護保険サービスの種類指定変更」
  • 「介護保険(特例)居宅介護等サービス費支給申請書」
  • 「介護保険特例サービス費等支給受領委任申請書」
  • 「介護保険等福祉用具購入費支給申請書」
  • 「介護保険居宅介護等住宅改修費支給申請書」
  • 「介護保険負担限度額認定申請書」
  • 「介護保険高額介護(予防)サービス費支給申請書」
  • 「高額介護合算療養費等支給申請書兼自己負担額証明書交付申請書」
  • 「介護保険基準収入額適用申請書」
  • 「介護保険特定負担限度額認定申請書」
  • 「介護保険利用者負担額減額等申請書」
  • 「介護保険旧措置入所者利用者負担額減額等申請書」
  • 「介護保険料徴収猶予・減免申請書」

申請時の確認資料

個人の方が申請書などを提出する場合、マイナンバー法に定める確認、(個人番号確認、身元確認、代理権確認)が必要となります。

下記を参照し、申請の際に提示をお願いします。

本人が申請(本人が来庁)する場合の確認資料

  1. 本人の個人番号
    個人番号通知カード、個人番号記載の住民票
  2. 本人の身元確認
    • 個人番号カード、運転免許証
    • 官公署発行の書類で、写真の表示等の措置が施され、氏名及び生年月日又は住所が記載されているもの。
      (注意)上記の何れかで確認することとなりますが、これらによる確認が困難な場合は、医療保険の被保険者証や介護保険被保険者証等の二つ以上で確認します。(例:介護保険被保険者証と負担割合証等)

代理者が申請をする場合の確認資料

  1. 代理権の確認
    官公署から本人に対し一に限り発行された書類(介護保険被保険者証等)
  2. 代理人の身元確認
    個人番号カード、運転免許証、介護支援専門員証等
  3. 本人の番号確認
    個人番号カード(又は写し)、通知カード(又は写し)、番号が記載された住民票

この記事に関するお問い合わせ先

市民福祉部福祉局介護保険課
電話番号:0573-66-1111(内線612・613・614)
メールによるお問い合わせ